NYMEX理事長先物規制に対し警告、上院で証言

 2005年10月18日、米国上院で銀行住宅都市問題委員会・国際問題金融小委員会が行なわれました。小委員会ではNYMEX(New York Mercantile Exchange:ニューヨーク・マーカンティル取引所)理事長ジェームズ・ニューサム博士が、10月7日、下院を通過した法律について証言しました。下院を通過した法律は、主として石油製品精製所の建設や備蓄を奨励する供給面に主眼を置いていますが、NYMEXの精製石油製品の価格についてFTC((Federal Trade Commission:連邦取引委員会)連邦取引委員会)が調査し、報告するように要求しています。
人為的な規制は信頼できるヘッジメカニズムとしての先物の利用を制限し、結果として高い費用、そして、ヴォラティリティ(価格の変動性)を高め、透明性を減少させることになる、と彼は警告します。証言内容の一部を紹介致します。


 原油、天然ガス及びガソリン先物の乱高下及び高値がNYMEXへの不当な批判の引き金となっています。エネルギー取引が、例えば店頭市場、電子市場、免責市場(exempt markets)のような他の市場で大きく取引される一方で、NYMEXはその高い流動性及び透明な市場ゆえに批判の標的にされています。2週間前、下院で新しい法案が通りました、FTCによりNYMEXを調査しろとの要求です。会計検査院は現在、NYMEXへのCFTC(Commodity Futures Trading Commission:商品先物取引委員会)の監視について検査しているところであり、さらにCFTC再授権の脈絡で考えるとNYMEXへの他の独立した検査と考えられます。先物市場を理解しない団体がまいた誤報により、議会のあるメンバーが、CFMA(The Commodity Futures Modernization Act of 2000:商品先物近代化法)下で大きく前進した事項の多くが後退する可能性のある法案を起草するに至たりました。概して、法律の賛成者は、「法案はヴォラティリティを止め天然ガスの値段を下げる、と間違って信じています」NYMEXの天然ガス先物にのみに当てはめる多くの提案が、以下の提案を含んで検討されました。
* 天然ガスについての人為的値幅制限
* CFTCによる市場調査の引き金となる値幅制限、及び
* 前日清算価格の8%を超える値幅制限を拡大するNYMEX規則変更のためのCFTCの事前承認

 価格は市場が決定し、市場のファンダメンタルズ(基礎要件)に矛盾しない正しい範囲で見つけられなければなりません。人為的な制限は先物市場が正しい市場価値を反映することを阻害します。そして、ヴォラティリティに対する信頼できるヘッジとしての市場利用を阻害します。加えて、市場での人為的制限は以下の結果を生む事になります。
* 人為的制限が完全に取り除かれない場合、価格の透明性を著しく損なうこと
* 高い費用
* 価格の大きなヴォラティリティ・・・取引所外市場での価格の透明性は、彼らの狭い商売上の利益に基づく市場参加者の恣意による、そして
* 人為的な価格規制の他の古典的な症状、例えば政府は品不足を引き起こすこと

 価格決定市場としてのNYMEXがなければ、現物市場で商売をしてゆくのは著しくそこなわれるのであります。商売を行なうのに高い費用が掛かるのであればそれは即、顧客に跳ね返るのです。法案が成立すれば、値幅制限の価格が付く可能性がある時はいつもCFTC以外の機関による調査行為が行われる恐れがあり、市場には凍り付くような効果を与えます。そうしたことよりも、現にあるCFTCが、最も公的利益を保護すべきと思われる領域においては、限定された強制力を使う柔軟性をもって対処すべきです。
 最後に、NYMEXは、農産物商品以外の先物取引所商品のためにCFMAに基づく規則改正プロセスが1取引所の1商品のために廃止されるべきだとは思いません。CFMAの規則自主認可プロセス(the rule self-certification process)が、規制による危険性を言わなくても、取引所の成長と発展に大きな手助けになった明らかな証明であります。
 5年前、議会は先物取引の法構成の改正で大きく前進致しました。あの驚嘆すべき法律によりNYMEXは直接ビジネス機会を経験しました。そして我々はあの法律の主要な規定はそのままに、と主張致します。変えるべきでないものには、規則自主認可プロセスと取引所が上場する先物契約の最良の契約条件を決定する権限であります。金融商品市場は経済上有効な資源配分に寄与します。何故なら、高い流動性と透明性の中で、競争的に市場で形成された価格は、生産、備蓄そして消費決定に波及するからです。これらの市場は米国経済及び世界経済の多くの側面に影響を与えます、従って、私達の生活にも、です。もし市場で取引するのを許され、人為的な拘束なしに市場のファンタメンタルズに答えるのであれば、市場はその時のみこそ、その経済目的を効果的に提供するのです。
  ニューヨーク・マーカンティル取引所の立場を今日、皆様と分かち合う機会を得ましたことにつきまして感謝申し上げます。







文責:玉手良明

   

サイトマップ  プライバシーポリシー  免責事項

Copyright (C) 2000~2017 JAPAN COMMODITY FUTURES INDUSTRY ASSOCIATION. All Rights Reserved.